1, 2, 3…

 ヒンディー語の数詞は世界の言語の中でも難しい部類に入る。日本語の数詞は1から10まで覚えてしまえば、11以降は1から10の組み合わせで対応できる(「じゅう」+「いち」で「じゅういち」など)が、ヒンディー語の数詞は一見すると法則性がない。

  1. एक エーク
  2. दो ドー
  3. तीन ティーン
  4. चार チャール
  5. पाँच パーンチ
  6. छः / छह チェー
  7. सात サート
  8. आठ アート
  9. नौ ナォ
  10. दस ダス
  11. ग्यारह ギャーラー
  12. बारह バーラー
  13. तेरह テーラー
  14. चौदह チャォダー
  15. पंद्रह パンドラー
  16. सोलह ソーラー
  17. सत्रह サットラー
  18. अठारह アターラー
  19. उन्नीस ウンニース
  20. बीस ビース

 これが99まであるので、とにかく覚えるしかないが、20までを覚えようと思ったら、以下の動画が最適である。数え歌のようになっている。

Ek Do Teen「Tezaab」(1988年)

एक दो तीन चार पाँच छः सात आठ नौ
दस ग्यारह बारह तेरह

1、2、3、4、5、6、7、8、9
10、11、12、13

 恋人が来るのを指折り数えて待つ女性の心情が歌われた曲で、マードゥリー・ディークシトをスターダムに押し上げた歴史的なダンスナンバー。冒頭で1から13までヒンディー語でテンポ良く数えた後、14、15、16、17、18、19、20と来て、一気に30まで飛ぶ。数字に対応するそれぞれの行動や心の動きが面白い。

चौदह को तेरा संदेसा आया
पंद्रह को आऊँगा, यह कहलाया
चौदह को आया, ना पंंद्रह को तू
तड़पाके मुझको तूने क्या पाया?

सोलह को भी, हाय
सोलह को भी सोलह किए थे सिंगार

सत्रह को समझी संग छूट गया
अठारह को दिल टूट गया
रो-रो गुज़ारा मैंने सारा उन्नीस
बीस को दिल के टुकड़े हुए तीस

14日目はあなたのメッセージが来た
15日目に来ると言った
あなたは14日目にも15日目にも来なかった
私を苦しませてあなたに何の得があるの?

16日目にも、ああ
16日目にも16種類のお化粧をした

17日目に関係が終わったと知った
18日目に心がバラバラになった
1日中泣いて過ごした19日目
20日目には心が30の破片になった

 もっとも、インドでは英語の数詞もよく通じるし、ヒンディー語と混ぜて使う場面も多い。だから、それに甘えていると、いつまで経ってもヒンディー語の数詞を覚えられなくなってしまうので注意が必要である。

 「Ek Do Teen」の登場から30年後、ジャクリーン・フェルナンデスの踊りによりリメイクされている。こちらで覚えてみてもいいだろう。

Ek Do Teen「Baaghi 2」(2018年)